homeys(ホーミーズ)

ハンバーガーショップ「ホーミーズ」は、高田馬場では珍しい本格的なアメリカンダイニングの店。

 

ボリュームあるプレミアムハンバーガーを楽しめます。

 

店長兼オーナーは、東京富士大学OBの竹谷さん。

彼は在学中、日本橋人形町の名店「BROZERZS'」でバイトしていたとき、ハンバーガーコンテストで優勝。

その後、何店舗かを経て、高田馬場にご自身の店を開店しました。

マクドナルドとかとは別のシャンルの料理、と思ってください。

 

https://www.facebook.com/homeys.americandining/

新宿区高田馬場2-9-1

 

外国人のお客さんが多いですね。


米とサーカス

ジビエ料理居酒屋です。

 

謎のビルと言われる「タックイレブン高田馬場ビル」の裏あたりの、そりゃあもう怪しすぎる一角に位置してます。

 

鹿、馬、イノシシ、クジラなんかはもちろんのこと、カエル、カンガルー、ワニ、ラクダ、熊、ヤモリ、サメ、トド、ザリガニ、メダカ、ヒヨコ、黒スズメバチさんも食べられますよ。


多摩旅館

高田馬場には宿泊施設が少ない、という指摘もありますが、ここは隠れたる名旅館。

 

といっても、日本を旅行する外国人にとって、ということです。

純和風で、1泊なんと5,000円。

スタッフの方も優しい、という評価で、満足度ハンパないっす。

 

一度、泊まってみたいですね。


手塚治虫先生考案のヤキソバ

高田馬場は、鉄腕アトムが生まれた街です。

2003年生まれの設定だから、もう12歳ですね。

 

早稲田通りに面する「一番飯店」さんには、生前の手塚治虫さんが特注し、それ以来お店の定番となったあんかけヤキソバのメニューが。

古き良き中華やさんは、いまだに元気です。

 

高田馬場は、いまや「ラーメンの街」として有名ですが、「ヤキソバ」も密かに、頑張っています!


古き良き洋食屋さん

神田川のほとりにある「ニュー早苗」さんです。

ランチタイムには常に満員。

ハンバーグとか、鉄板スパゲティとか、とんかつとかですが、値段もリーズナブルだし、メニューは豊富、そして初めてなのに懐かしい味…。

この高田馬場で45年とのこと。

ずっと頑張って、このままでいてほしい店のひとつです。

「モヤさま」(2015.8.16)にも登場してましたね。このリバーサイド、再開発なんかするなよ!!


ゲーマーの聖地「ミカド」

高田馬場ゲーセン「ミカド」さんです。

 

ここは、単なるB級ゲーセンのようですが、アーケードゲームの世界選手権などが開催される、いわばゲーム好きたちの聖地なんです。

 

Youたちはここで、ゲーム三昧だそうです。


ゴルゴを10円で売る店?

東京富士大学は、高田馬場「さかえ通り」の果て(とはいえ、端まで歩いても5分程度)に位置します。


で、このさかえ通りには、トルコ、ミャンマー、インド、韓国といったエスニックなレストラン、つくりはアレだが味は一流の渋い店など、ちょっと不可思議な店が密集しております。

 

不思議のひとつが、この「ゴルゴ」。

"ゴルゴ10円"とだけ書かれた謎の看板ですが、いったい何が10円なのか?

もしかして、あのゴルゴを10円で売り渡してくれるのか?

例えば、某国の高官を狙撃するのに、10円で対応してくれるのか?

大変豊かなイマジネーションを抱かせる看板なのです。

 


ランキング八百屋

さかえ通りの入り口左に、

加藤商店さんという八百屋さんがあります。
そこのおやっさんが、こういう面白いランキングを

たまに貼ってくれます。

(店頭とか、隣の店の壁とかに)

 

これらのランキングはまさに、

独断と偏見…どころか、誤解と妄想に満ち溢れていて、

誰も口を挟む余地がないほどですが、面白い。

 

あの「モヤさま」にも登場したこのランキング、

いつまでも続いてほしいですね。


世界一?のエレベータ

JR高田馬場駅のエレベータ。

 

なぜこんな絵を採りあげるかというと、
たぶん、「世界一短いエレベータ」?かもしれないから。

地上階と改札口を結ぶというのですが…。

ぜひ一度乗ってみてください。

素敵な体験が楽しめます。

ま、バリアフリーってことで!

 

ちなみに高田馬場の乗降客数は、世界10位だそうです。

世界…ですよ!